中編  ピンザブラン

2011/ 7/30 14:39 2011/ 7/30 14:19 2011/ 7/30 14:23 2011/ 7/30 14:30 2011/ 7/30 14:32 2011/ 7/30 14:31 2011/ 7/30 14:32 2011/ 7/30 14:41

お待ちかねの試食タイム
まず初めにチーズの原材料である山羊ミルクを試飲。

意外にさらっとした舌触りで独特のゴーティーフレーバー(山羊臭)はあまり感じません。はごろも牧場では、この「やぎみるく」の他にヨーグルト、サトウキビのしぼり汁を加えた「さとうきびヨーグルト」(これが絶品!)、そして、主力商品のチーズ「ピンザブラン」を製造しています。

ステンレスの容器に入っているのは、出来たてほやほやのチーズ、正確には凝乳(カード)といいます。これから水分(ホエー=乳清)を抜いて型詰めをしてさらにホエーを抜き、型から取り出して塩を加え、熟成室の棚で熟成させるのです。

凝乳を試食できるのは見学した人のみ。これは売っていません。
まるでプレーンヨーグルトのようです。しっかりした酸味がありそのままでも十分おいしいのですが、これにジャムやハチミツをつけて食べたいな!

チーズは熟成違いの2種類
熟成3週間のもの 
きれいな白カビが全体を覆っています。切り口を見るとコンパクトな組織とすっきりした酸味が爽やか。ミルクの甘味もあり、山羊臭も薄く白ワインが飲みたくなりました。これはシェーブル(山羊チーズ)初心者におすすめです。

熟成5週間のもの
白カビがやや後退し始めています。断面は柔らかく全体が熟成から過熟に向かっているのがわかります。味わいは舌を刺すようなアンモニアの刺激がありますが、これがかえって心地良くコクと旨味が加わって、通にはたまらない味わいです。これには熟成した赤ワインか純米酒を合わせたいですね。

最後に試食したのは新製品だというスモークタイプ
燻製の香りが素晴らしく、全員おいしい!を連発。
これにはウィスキーか泡盛でしょ!

Print Friendly, PDF & Email