上級科 第6回

チーズ上級科第6回は チーズ料理実習Ⅱ

前菜は スティルトン・スタッフドマッシュルーム

タマネギのみじん切りとパン粉にスティルトンを混ぜて
生シイタケに詰めてオーヴンで焼きます。

スティルトンをお料理に使うなんて 贅沢の極みですね。

サヴォア風サラダ

2005年にボーフォールの生産地を訪れた時
ランチにいただいたサラダを再現してみました。

ボーフォールを拍子木に切って パートフィルに包んで焼きます。
今回はパートフィルの代わりに シュウマイの皮を使いました。

モヤシが入っているの わかりますか?
サヴォアでは2回このモヤシにお目にかかりました。
なんでも、当時モヤシのサラダが流行っていたらしく
名前も 「モヤシ」と発音していました。
日本人としては ちょっぴり嬉しい発見でした。

ドレッシングはクルミ油と塩・コショウのシンプルなもの。

メインディッシュは 鶏のハーブ焼き・ラタトゥユ添え

鶏のもも肉に塩・胡椒して ローズマリーやタイムなどで
マリネしておきます。

オーヴンで焼くときに 皮目にパルミジャーノ・レッジャーノを
たっぷりすりおろすと パリパリの皮が出来上がります。

ラタトゥユは 夏野菜のお料理として頻繁に食卓に上るお料理です。
仕上げにバルサミコを少し加えると 味が劇的に変化します。

「レミーのおいしいレストラン」という楽しいアニメがありました。
そこに出てくるのが この「ラタトゥユ」です。

プロヴァンスのロゼは 真夏の定番ワインです。

南フランスの風がふきぬけていくような
お料理とワインで 女子会は盛り上がりました♪

*     *     *     *     *     * 

教室は夏休みに入ります。
このブログもしばらくお休みいたします。

夏バテしないようチーズをたくさん食べて 酷暑を乗り切りましょう!

Print Friendly, PDF & Email