チーズ入門科第3回  

入門科第3回のテーマは  チーズの栄養学

チーズには 太る?塩分が高い? など
常にマイナスのイメージがつきまとっています。

正確なチーズの栄養を知ることで
もっともっとチーズの魅力を発信できたら、と思っています。

詳細は 2012年度版 をご覧ください。

DSCN3475

チーズのラインアップは 右上から時計回りに

1. ブルー・ド・ボンヌヴァル:フランス・サヴォア地方
2. マンステール:フランス・アルザス地方
3. プティ・ニュアージュ:長野県清水牧場産
4. ローヴ・デ・ガリッグ:フランス・プロヴァンス地方
5. トメット・ド・シェーブル・ボージュ:フランス・サヴォア地方
6. ユーフォリア・シープミルク・ゴーダ:オランダ・北ホラント州
7. エメンタール :スイス・エメンタール地方

シェーブル(山羊乳)2種とブルビ(羊乳)1種で
旬のプラトーを演出しました。
小皿に入っているのは イラン産の干しなつめ

DSCN3470

宅急便の箱を開けた時、蕗の薹が現れました!
清水牧場の清水さんは
いつも季節を感じさせるものをあしらってくださいます。
その細やかなお心遣いに 感動したり癒されたり

DSCN3478

さっと湯がいて 蕗の薹のサラダ・ヨーグルトドレッシング
蕗の薹のほろ苦さが 春の訪れを感じさせます。

チーズには糖質がほとんど含まれていないので
糖質を制限されている糖尿病の患者さんや
体重を落としたい方には最適の食べ物であると
医者や栄養士の方が注目している食品だそうです。

チーズの実力が少しずつでも市民権を得ているのは
本当に嬉しいことです♪

Print Friendly, PDF & Email