ロンバルディア編 Ⅴ

型からはずし

DSC02894

25%の塩水プールに20時間

DSC02895

この熟成室には5万個のグラナパダーノが眠っています

DSC02897

9ヶ月後、槌で叩いて音を聞いて検査し合格すればこの焼印をもらい
晴れて グラナパダーノDOP と名乗ることができます。

DSC02901

いよいよ カッティングです

DSC02903

熟成違いの3種

DSC02913

9か月熟成
甘くマイルド、柔らかく弾力があり、意外な美味しさでした。

DSC02914

16か月熟成
酸味と旨味のバランスが絶妙で、普段食べているのはこれくらいのものでしょう。

DSC02915

24か月熟成 
アミノ酸の結晶がジャリジャリ口の中で音をたてています。
旨味とコクがぎゅっと詰まって最高に美味しかったです。

グラナパダーノを使った代表的なお料理を教えてもらいました。
それは タリアータ・ディ・マンゾ
牛肉のカルパッチョを軽く炙り、ルーコラとグラナパダーノを削って
トッピングしたもの。作ってみたくなりました♪

DSC02916

全員で記念撮影

DSC02900

みんなの満ち足りた顔を見てください。
3種類のグラナパダーノを思う存分味わったのですから♪
チーズ製造現場を訪問することにより 一層チーズがいとおしくなりました。
作り手が見えるということは 想いが一つになるということですね。

Print Friendly, PDF & Email