チーズの栄養

今日から7月。
そろそろ夏バテしていませんか。

こんな時はチーズを食べて栄養をつけましょう。
でも、チーズって太るからイヤ!
大体の方はこんな風に思っているでしょうね。

今年の2月に那覇西クリニックで乳ガンの患者さんのために
「チーズの栄養」についてセミナーをしました。

「チーズは太る!」そんな間違ったイメージを払しょくしたくて。

実際、乳ガンの患者さんにとって肥満は再発を招く大きな危険があるので
なるべく乳製品を避けるという傾向にあったようです。

チーズに含まれる栄養の中で特筆すべきはカルシウムが豊富なこと。
しかも、吸収率が高くほとんどが体内に取り込まれます。

抗がん剤の副作用で骨粗鬆症になりやすい乳ガンの患者さんにとって
チーズは効率的にカルシウムを摂取することができます。

チーズに含まれる脂肪は分解されて脂肪酸となり、分子が微小なため
すぐに代謝されてコレステロールを上昇させることなく消化吸収されます。
成人女性の1日に必要な脂肪量は50gで、チーズ50g(2~3切れ)中15g。

チーズのたんぱく質が優れているのは、体内で作ることができない
必須アミノ酸をすべてバランスよく含まれていること。
さらに吸収率が極めて高いので少量で高栄養が期待できます。

ビタミン類はビタミンCを除きほぼまんべんなく含まれています。
特にビタミンAは豚肉の60倍!

チーズに足りない栄養はビタミンCと炭水化物です。

ビタミンCはとても壊れやすくチーズが熟成する段階で消失されます。

炭水化物は糖質と繊維質を合わせたもの。
チーズを作る段階で水分と一緒に排出されます。

大切なことは、チーズに足りないビタミンCと炭水化物を補うため
フルーツやサラダ、パンなどと一緒にバランスのよい食事
心がけることです。

ちなみに、ジャガイモは炭水化物とビタミンCが豊富ですよね。
チーズとジャガイモは定番の組み合わせですが、これこそ、先人の知恵!

チーズの分類法から解説

ヨーロッパの素晴らしいチーズを試食 パンとフルーツを添えて

ヨーグルトからフレッシュチーズを作りました。
水分を濾すだけ、簡単です。ジャムやハチミツと。
ヨーグルトが余ったらこんな風に利用してください。

Print Friendly, PDF & Email

チーズの栄養への2件のコメント

  1. アバター セレビシエ
    セレビシエ コメント投稿者

    あっチーズの先生らしいお話しが載ってる\(^o^)/

    写真も上等!と思ったらデジカメだった?(笑)

    こんなお話しもどんどん載せて下さい(^・^)。
    わくわく

  2. アバター Yuriko
    Yuriko コメント投稿者

    ぶれぶれ写真については方々からお叱りを受けています。
    腕が悪いのかカメラが悪いのか・・・。
    今はまだ修行中です。ご容赦を!