日本の美

東京を訪れる楽しみの一つが 美術館巡りです。

教科書や美術書でしか見た事のない作品が
時空を超えて この目で直に見られるという奇跡
都会に住んでいる人には この興奮がわからないでしょうね(笑)

DSCN4011

五島美術館では 本阿弥光悦展が開催されていました。
桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した天才・光悦の
書や陶芸、漆芸などの傑作が展示されていました。

国宝 舟橋蒔絵硯箱  こ、これは!
私の大好きな最中と同じデザインではあーりませんか!
妙に親近感を覚えましたがな(笑)

楽茶碗も素敵なものばかり! 

中でも 俵屋宗達の絵に光悦の書を合体させた色絵帖は
天才同士の究極のコラボですね。

伝達手段としての文字を このような芸術にまで高める彼らの美意識は
同じ日本人として誇りすら感じます。
 
お習字のお稽古を始めたくなりました♪
だれっ、単細胞だって笑うのは!

Print Friendly, PDF & Email