秋のしつらい

10月に入っても30℃を超える暑さが続いていますが、今日はお天気がぐずついて風も秋の気配を感じます。

室内も夏から秋へと模様替え

玄関の靴箱の上のドライフラワーは、数年前に泡盛マイスター合格のお祝いに生徒さんたちから生のアレンジメントでいただいたもの。そのまま自然にきれいなドライフラワーになってくれ、毎年この季節に飾っています。

壁にかかっている水彩のスケッチは、亡くなった夫の妹のパリ土産
義妹は腎不全のため人工透析をやっていました。己を厳しく律する人で、20年もの長い間透析をやった人はなかなか稀だそうです。
病気を抱えながらも海外旅行にも果敢に挑戦し、私たちがアメリカにいる頃には一緒にしばらく住んだこともありました。

階段の踊り場のタペストリーも秋色
実はこれジャワ更紗で、夫のかりゆしウェアを作った残りの生地をかけただけ。ジャワ更紗って色が褪せないんですよ。

和室も模様替え

薩摩焼の壺と香炉
当初は表面が黒く汚れていて誰も見向きもしなかったので、夫の実家からもらってきました。磨いたら見違えるようにきれいになりました。この季節らしい文様がとても気に入っています。

ベランダの庭の草花を投げ入れ

教室用の冷蔵庫の上
前方にある細長いものはモンドールを作るときに使うエピセアの皮です。これで巻いて型崩れを防ぎながら熟成させるのです。

子供たちの写真の前にある丸い入れ物(カマンベールの箱)には、さんざしの実やモミジの葉。大学時代の友人が、私の母が亡くなったときに送ってくれたもの。これも大切にドライにしてこの季節に飾っています。

この素敵な器は、東京都あきる野市在住の陶芸家・河村郷子(かわむらさとこ)さんの作品。

木の葉型のお皿は虫食いまで忠実に表現しています。河村さんは私の大学時代の友人の妹で、女性らしい繊細なデザインと色使いが大好きです。彼女の器は結構コレクションしているので、徐々にご紹介していきますね。

長方形の皿に載っているのはマカロン型のキャンドル

焼き締めのキャンドルホールダー
穴からこぼれる光が素敵でしょう♪

リビングのテーブルを飾るのは木の実たち。キノコ型やカヌレ型のキャンドルが可愛いでしょう。これは娘からのプレゼント。

テーブルランナーはアメリカンファブリックで、秋に収穫される野菜たちが模様になっています。下に敷いたストライプ模様のテーブルクロスはワゴンセールで500円で買った1着分の服地です。

画像調整の練習を兼ねて今日もいろいろさわってみましたが、色のコントラストに問題があるようです。まだまだ修行中。

Print Friendly, PDF & Email

秋のしつらいへの1件のコメント

  1. アバター セレビシエ
    セレビシエ コメント投稿者

    本当に先生のお家は季節感溢れるディズプレイで楽しいですね。
    見習わなければ…(^^;

    画像をもう少しだけ小さくできた方が携帯でも開けますよ。