雨の日は・・・

DSC00159

梅雨の晴れ間が二日ほど続いた後、 またしとしと雨模様です。
雨音を聞きながら 今日はお習字のお稽古をしています。

雨にちなんだ音楽は 色々ありますね。
古い所では カスケーズの「悲しき雨音」や バート・バカラックの「雨にぬれても」

私は ビートルズの最後のアルバム [Let It Be] が聞きたいかな。
The Long and Winding Road の歌詞の中に

  The wild and windy night    嵐の夜   
That the rain washed away    雨がきれいに洗い去って行った
  Has left a pool of tears     涙の池を残して
Crying for the day        何故 僕をここに残しておくの?
  Why leave me standing here?   教えておくれ
Let me know the way

ポール・マッカートニーのあまりにも有名なこの曲は フルオーケストラで演奏されていますが、
実は、ポールはピアノソロでやりたかったと、後に語っています。

同じアルバムに収録されている [Across the Universe] 

Words are flying out like endless rain     やむことのない雨のように
into a paper cup                 言葉は次々と 溢れ出ていく
They slitter while they pass, they slip away  先を争って 滑りながら
Across the universe                言葉は宇宙の果てへ 飛び出していく
Pools of sorrow, waves of joy          悲しみの海 喜びの波は
Are drifting through my open           解き放たれた私の魂を漂う
Mind possessing and caressing me         私をとらえ 優しく愛撫しながら

*訳詞:山本安見(LET IT BE より)

ジョン・レノンらしい哲学的な歌詞と美しいメロディーのこの曲は
ビートルズの歌の中でも 大好きな曲の一つです。

そういえば、ポールが来日しているようですが、体調不良で公演がキャンセルになったとか。
高齢ですものね、仕方がないかも。
私は4人の中ではジョージ・ハリスンが好きでした。
彼のトリビュートコンサートでジョージの息子が ビートルズメンバーや当代の一流ミュージシャンと
While My Guiter Gently Weeps を演奏しているのが you tube で見ることができます。

DSC00158

我が家の雨の庭を彩ってくれる紫色の花 何という名前かしら?

Print Friendly, PDF & Email