入門科 第8回

チーズ講座入門科第8回のテーマは チーズと飲み物とのマリーアジュ
ワインだけではなく、色々な飲み物との合わせ方を探ってみました。

DSC00349

チーズのラインアップは 加工されたチーズ特集

DSC00350

12時の位置から時計回りに
1. フォレスト:フランス産 スモークされたプロセスチーズ
2. ライデン :オランダ産 クミンシードが練りこまれています
3. 味噌漬コンテ炙り:フランス産 味噌漬は自家製です
4. デュオ・ドゥ・ブリ・アイユ・エ・フィーヌ・エルブ:フランス産 
  ニンニク、パセリ、シブレットなどが挟まれている贅沢なブリ
5. ゴルゴンゾーラ・神亀酒粕:イタリア産+アルパージュ特製
  ゴルゴンゾーラピカンテと酒粕、三年熟成のミリンを練りこんだもの
6. アルロメロ:スペイン産 表皮にびっしりとローズマリーがまぶされているマンチェゴスタイル
7. ゴーダ・トリュフ:オランダ産 イタリア産のサマートリュフが練りこまれています
  
DSC00353

用意した飲み物は 向かって左から
1. ビール:キリン一番搾り
2. ワイン:ブルゴーニュ・ピノノワール2009 ドメーヌ・ミシェル・カイヨ
3. 泡盛:美ら蛍(ちゅらぼたる) 米島酒造 古酒
4. 紅茶:クスミティー 

どのチーズとも抜群のマリアージュだったのがビールでした。そして、意外にも紅茶が個性的なライデンや
トリュフ入りのゴーダと凄く合っていたのには驚きでした。このクスミティーはかなりスパイシーな
味わいなので、チーズにも負けない存在感を放っているのでしょう。

DSC00351

フェタオリーブオイル漬を使ってギリシャ風サラダに

DSC00352

秋のお楽しみ・パンプキンパイ
先日ご馳走になったS子さんのパンプキンパイと違ってパサパサしていたのは
私の腕が悪いのか、オーヴンが悪いのか・・・・(笑)

Print Friendly, PDF & Email