入門科 第3回

チーズ講座入門科第3回のテーマは チーズの栄養学

チーズは太る、塩分が高い、コレステロールが心配・・・などなど
チーズにはいつもマイナスのイメージがつきまといます。

それらを少しでも払しょくすべく 正しい知識をお勉強しましょう。

DSCN2653

この小冊子はチーズ普及協議会が出しているもので、チーズにまつわる疑問・質問を
一問一答形式でとてもわかりやすく解説しています。

チーズの栄養学の詳細は過去のブログをご覧ください。

DSC00735

春はシェーブル(山羊乳チーズ)とブルビ(羊乳チーズ)の季節
今回のラインアップは旬のチーズを意識して 12時の位置から時計回りに
1. エメンタール・フランセ エルヴェ・モンス熟成 牛乳 フランス産
2. ユーフォリア・シープミルクゴーダ 羊乳 オランダ産
3. ローヴ・デ・ガリッグ 山羊乳 フランス産
4. トメット・ド・シェーブル・ボージュ 山羊乳 フランス産
5. マンステールAOP 牛乳 フランス産
中央 6. ブルー・ド・シェーブル 山羊乳 フランス産

どうです、豪華な顔ぶれでしょう♪

合わせるワインは
DSC00736

ALSACE Gewurztraminer HUGEL2012

ゲヴェルツトラミネールはとても個性的な風味のワインなので
マンステールとの相性以外にどんなチーズに合うのか、今回は実験として
シェーブルとブルビとのマリアージュを探ってみました。

アルコール度数14%のボリュームのあるワインだったこともあるのか、
シェーブル、ブルビとの相性も素晴らしく また

DSC00738

このようなジャムと合わせることでより味わいが広がって
さらに美味しくなりました♪
イチジクとクルミのコンフィチュール シェーブル用と書いてあります

DSC00737

ソラマメのサラダ・ヨーグルトドレッシング

美しい翡翠色をしたソラマメが大好きです♪
ドレッシングにはワサビを効かせました ワサビ菜も入っています

今回のゲヴェルツトラミネールとチーズ どれも美味しかったのですが
全員一致で マンステール+クミンシードの組み合わせが一番でした。

Print Friendly, PDF & Email