リースリングナイト

数カ月に一度サン・ヴァン・サンで行われるスペシャルマリーアジュ会
今回は高貴な白ワイン リースリング5種が勢ぞろいする一夜となりました。

DSC00829

サーモン・ホタテ・野菜のテリーヌ
ため息の出るような美しい一皿です♪

DSC00830

フォワグラのミルフィーユ仕立て・オレンジのコンポート、ルビーポートのジュレ添え
サックサクのパイ皮とフォワグラのコントラストが見事!
こってりしたフォワグラがちょっと苦手でしたが、もう、素晴らしく美味しくって
思わずおかわり!って言いたくなりました♪

DSC00833

ペンネ・アッラビアータ
トマトソースをベースに日向夏の果汁とスパイスを加えて爽やかなソースに仕上がっています

DSC00835

シャラン産鴨のロースト・柚子味噌仕立て
味噌漬けの鴨肉は柔らかく上品で、コンソメで煮た牛蒡と大根が添えられていました

DSC00836

プラトー・ド・フロマージュ
向かって右から トム・デボージュAOP ゴルゴンゾーラ・ピカンテDOP
ヴィニュロン・コンフィチュール・フランボワーズ

チーズのセレクトを任され、リースリングに合わせるということでだいぶ悩みましたが、
チーズの美味しさに助けられ、マリアージュも概ね好評だったようです。

DSC00834

今回出されたリースリングの中でもひときわ印象的だったのがこれ
Zind Humbrecht Riesling Heinbourg 2006 ズント・ウンブレヒト
ふくよかで芳醇とはこんなワインのことをいうのですね。

DSC00837

私の教室にも通ってくださっているTさん作のデザート
ロシアバレーのプリマドンナ アンナ・パヴロワに捧げるスィート
焼いたメレンゲにペルノー入りカスタードソース、フルーツでデコレーション
季節のパッションフルーツのソースが爽やかです。

ドイツ、ニュージーランド、オレゴン、アルザスなど産地の違い、糖度の違い、
熟成の違いを愛でお料理を楽しむ贅沢なひと時でした。

毎回ワインとの完璧なマリアージュを作り上げる松田シェフは
今日でサン・ヴァン・サンを卒業して独立されるそうです。

長い間私たちを楽しませてくださってありがとうございました!
新しいお店を楽しみにしています。

Print Friendly, PDF & Email